ホーム > HINOKENについて > 会社概要

会社概要

社名
日野建ホーム株式会社
代表者名
代表取締役 日野 高一(青森県優良住宅協会 会長)
所在地
本社/〒038-0012 青森市柳川1丁目2-62
TEL:017-723-6161 FAX:017-723-6166
設立
昭和59年4月5日(平成5年に日野建ホーム株式会社に社名変更)
事業内容
住宅新築・建替え・リフォーム・病院・店舗・集合住宅 他
営業許可
青森県知事許可(般-21)第12816号
一級建築士事務所 登録番号 青森県知事登録第1549号
住宅性能保証登録 第10005634
青森市介護保険居宅介護(予護予防)住宅改修費受領委任事業者登録番号320077
資格
1級建築士 1名
2級建築士 2名
古民家鑑定士 1名
建築大工1級技能士 1名
CASBEE戸建評価員 3名
気密測定技能者 3名
建築物応急危険度判定士 1名
FP技術指導員 3名
無添加住宅検定 1名
木造ハウジングコーディネーター 4名
住宅ローンアドバイザー 4名
資本金
4,000万円
従業員
13名

沿革

1974年日野建築として創業
1984年有限会社日野工務店設立。財団法人 性能保証住宅登録機構に登録
1986年財団法人 住宅建設省エネルギー機構、住宅断熱施工技術者登録
1987年高断熱・高気密住宅「FPの家」を導入。FPグループ会員第1号
1990年青森市荒川地区に2世帯住宅モデルハウスオープン
1992年住まいと環境・東北フォーラム会員となる
1993年日野建ホーム株式会社設立、社名変更。青森市三内にFP2×4 3階建展示場オープン
1994年環境共生住宅の推進を目指し太陽光発電システムを導入し、青森市S宅に設置、東北電力に通電売却する(2011年現在、施工実績110世帯)
1995年青森市において高断熱・高気密住宅「FPの家」300世帯完成。全棟気密測定・風量測定をスタート
青森税務署より優良申告法人の表彰を受ける。経済同友会の「良質な住宅を建てる委員会」加入
1996年青森市に4タイプの提案型モデルハウスをレイアウトした、東北初の体験型住まいの総合展示場「ハウ・ステーション」(現・住まくら館)をオープン
1998年青森市において高断熱・高気密住宅「FPの家」500世帯完成
総合補償制度に加入。(完成補償・建設工事補償・工事中、引渡し後の賠償責任【PL法】)
1999年青森市三内に長寿命健康住宅モデルハウスオープン。本社社屋を青森市柳川に移転
2001年弘前市に太陽光発電とオール電化を組み合わせたモデルハウスオープン
国の住宅建築物高効率エネルギーシステムにハイブリッド温水暖房システムが採用される
2004年高断熱・高気密住宅「FPの家」施工650世帯完成。全棟室内環境測定をスタート
三内展示場をリニューアル(木質系バイオマスを炊くスウェーデン製ペレットストーブを導入)
2005年青森市戸山地区に、地元4社でのオール電化タウン「ホッとタウンほたる野」展示場オープン(2006年売却)
2006年青森市大野地区に、地元4社でのオール電化タウン「ホッとタウン大野」展示場オープン
(2007年売却)青森税務署より優良申告法人の表彰を受ける
2007年青森市大野地区に、太陽光発電とハイブリッド温水暖房・エコ給湯設備の環境にやさしい展示場オープン。(2008年売却)
2008年高断熱・高気密住宅「FPの家」施工800世帯完成(オール電化330世帯、太陽光発電93世帯)
「東北電力推進電化住宅施工店」青森県第一号の承認を受ける
全国ファミリーマートがCo2排出量を大幅に削減できる「FP工法」を導入決定
2009年青森市大野地区に、太陽光発電と地中熱暖房採用の自然エネルギー共生型展示場オープン。
弘前市に県産材で建てる長期優良住宅&省エネ・省Co2な住まい、新弘前展示場オープン。
2010年「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック 2009」にて、省エネ性の高い住まいと、これまでのオール電化住宅への普及・貢献の実績なども評価され、全国のビルダーの中から「大賞」に選定される。
2011年「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック 2010」にて、特別賞・地域賞のダブル受賞
2012年高断熱・高気密住宅 施工900世帯完成
リフォーム工房日野株式会社 設立